肌のくすみが目立たなくなる化粧下地の使い方

2019年01月24日

肌のくすみが目立たなくなる化粧下地の使い方



肌のくすみが気になるとき、まずできるのは、ファンデーションやコントローラーでくすみを隠すことです。
お肌のくすみが目立たなくなる化粧下地の使い方のポイントをまとめてみました。


1.自分の肌色に合った化粧下地を選ぶ



肌のくすみは、自分の本来もっている肌質にも関係があります。
その人の肌質や肌の色によって、選ぶべき化粧下地のトーンが変わってきます。

化粧下地のイメージ

肌のくすみを下地で分からなくするには、素肌作りが必要です。
下地でくすみをカバーするなら、少し明るい色合いのものを選ぶのがおすすめです。

ただし、あまり白すぎると、白浮きすることがあり、かえってくすみが目立ってしまいます。


2.肌のくすみが目立たなくなる化粧下地の使い方



私のくすみ対策は、朝起きて顔を洗い、シッカリ化粧水をつけて美容液をつけます。
美容液は、日焼け止めプラス美容液の役割を果たします。

美容液をつけたあとで、下地をぬります。
下地の色は白っぽいのですが、肌の色よりワントーン明るい、パール系の白っぽい下地を使っています。

それを目の下のくすみが多い部分中心につけます。
肌がくすみがない部分にはつけないようにしています。

肌のくすみが目立たなくなる化粧下地の使い方をする女性

頬や目の下が一番くすみがひどいという人が多いのではないでしょうか。
くすみが気になる部分に重点的に下地をつけますが、厚塗りしないといけないような下地はNGです。

下地をつけてからリキッドファンデーション、それから粉ファンデーションをつけます。
粉ファンデーションはラメ入りなどの光線を拡散してくれるものを使うと、お肌のくすみが目立たなくなります。


3.自分にあったくすみ対策用下地を



私が今使っているのは、アテニアBBクリームです。
この下地が一番自分に合っていて長年愛用していますが、くすみはほとんど隠れます。

化粧を落としても、下地をつける前に日焼け止めの美容液をつけているためか、若い時よりも肌が白くなりました。

アテニアBBクリームで肌が白くなった女性

もちろん、くすみをなくすことが大切ですが、すでにくすみがある方は、化粧下地は大切な役割を果たすアイテムです。

若い時からのケアが大切なのですが、今からでも大丈夫と思います!
くすみが気になる方は、ぜひ、自分に合う下地を見つけてみてください。

顔汗を今すぐ止める方法

2018年11月16日

顔汗を今すぐ止める方法



暑さや緊張などで、どうにも汗が止まらず恥ずかしい思いをしたことはありませんか?

顔汗に悩む女性

その中でも特に顔汗は目立つだけでなくメイクも落ちてしまって印象も悪くなり、女性にとっては悩みの種です。
そこでどうすれば顔汗が止めることができるのか調べてみました。


1.ツボ押し



顔汗には実はツボ押しが効果的なのです!
ツボ押しなんてと思うかもしれませんが、人の体は一部分を圧迫することでその周辺の汗が減り、別の部分に汗が出るという性質があるのです。

この作用を利用して顔汗を抑えることに効果的なツボを押して汗を抑えていくのです。

顔汗に効くツボを押す女性


2.冷やす



熱による発汗には冷やすことはとても効果的。
顔汗に対しては首の後ろの太い血管を集中的に冷やすことで冷えた血液が顔汗をさっとひかせてくれます。

顔を冷やす女性

制汗クリームを使用する制汗剤も顔汗対策専用のものがあるので是非そちらを使用することをオススメします。
顔汗のケアをしながら化粧崩れも防止できて、さらに使い続けることで顔汗の量を減らすこともできますよ!


3.サプリメントを飲む



サプリメントで体の中から顔汗対策することもできます。
服用すると汗の量をコントロールできるので顔汗の量も効率よく減らすことができます。

サプリメントで顔汗が解消された女性

リラックスが大事緊張や興奮が原因で顔汗が大量に出ていることもあります。
あまり気にしすぎるのもよくないので、気持ちを落ち着けてリラックスを心がけましょう。

原因によっても対策はさまざまです。
顔汗に悩んでいる方はあまり深刻にならずにこれらの方法を試して悩みを解消してみてくださいね!

こんな脱毛サロンに行ってはダメ!行く前に知りたいNGサロンの見分け方

2018年10月31日

こんな脱毛サロンに行ってはダメ!行く前に知りたいNGサロンの見分け方



*信頼できる脱毛サロンはこちらから

あなたはどんな基準で脱毛サロンを選びますか?
立地?値段??サービス???脱毛サロン選びにはさまざまな基準があると思います。

では実際にどんなサロンが正解なのでしょうか?
今回は、こんなサロンは絶対行ってはダメ!というNG集を皆さんと共有したいと思います。

脱毛サロンを選ぶ女性


1.値段にひかれて行ってはいたけれども・・・

 

まずは、A子さんが体験した脱毛サロンでのお話です。
ある日、家のポストに入っていた脱毛サロンのチラシに興味を持ったA子さん。

そこには、全身脱毛定額制との文字が!
これはお得だと翌日早速カウンセリングの予約をしました。

実際に行ってみると、そのサロンは小さなマンションの一室。
脱毛したい箇所や希望の仕上がりについて聞くはずのカウンセリングのはずが、いざ始まってみると、支払い方法やグレードアッププランの話ばかり。

全身脱毛定額制のはずが、パーツごとに、本当に脱毛を済ませるために必要なオプションが多数設定されているのでした。
これでは安心して通うことはできません。

脱毛サロンを探す女性


2.入ってビックリの恐怖脱毛サロン



次は、B子さんが訪れたサロンのお話。
某巨大ターミナル駅の側にある脱毛サロンに足を運んだB子さんは、ドアを開けたとたん、驚きました。

スリッパはくすんで、受付のカウンターには埃が積もっています……。
出されたお茶のカップも茶渋付き。

これは嫌な予感がするなと思ったB子さんは、カウンセリングだけを受け、足早に脱毛サロンを後にしました。
店内の清潔さは脱毛サロン選びの一つの規準となります。

不潔な環境の店内で、肌に直接施術する脱毛施術を受けるなんて、もってのほかですよね。

脱毛をサロンでする女性


3.次々出てくる勧誘に愕然!



最後は、C子さんの体験を参考にしましょう。
C子さんは自宅に近い個人経営の脱毛サロンでカウンセリングを受けることにしました。

すると、脱毛施術の話はそこそこに、“脱毛をするなら、ついでに美白も”と新しい美白コースを勧められ、さらに“もっとキレイになりたいなら、豊胸は?”と望んでもいないバストアップまで提案されたんだとか。

これに憤慨したC子さん。
しつこい勧誘にうんざりし、脱毛施術を受けることなく、そのサロンを後にしたそうです。

ゲストの要望をそっちのけで、お金儲けに走るサロンには行くべきではありません。
カウンセリングの対応で選ぶサロン脱毛サロン選びで気をつけていただきたいポイントを3つ、ご紹介しました。

値段や立地だけではなく、脱毛サロンはカウンセリングでの対応を見て、正しく選びたいものです。

顔にしわができる原因と対策

2018年10月28日

顔にしわができる原因と対策



年齢を重ねてくると、どうしてもしわが目だってきてしまいますね。
年齢肌のトラブルとして、多くの女性を悩ませるのがしわですが、その原因とは何でしょうか。

しわの原因に悩む女性

顔のしわケアを正しく行うには、その原因をきちんと理解しておくことが大切です。
顔にできるしわの原因と対策について、まとめてみました。


1.しわができる原因



もちろんしわの原因は加齢によるものも大きいですが、それ以外の原因もあります。
自分のしわの原因をしっかりと把握し、それに合った対策をとりましょう。

しわの原因には大きく分けて肌の乾燥によるもの紫外線ダメージコラーゲンの減少表情のくせなどがあります。


2.正しいしわ対策の方法



乾燥によるしわ対策 乾燥によるしわの場合、対策としてはまずはしっかりとお肌を保湿してあげることが重要です。
乾燥が特に気になる方は、ヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷりと配合されたスキンケアコスメを使うようにしましょう。

ヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷりと配合されたスキンケアコスメのイメージ


3.紫外線対策も大切!



また、紫外線ケアをきちんと行うのもしわ対策としてとても重要です。

紫外線にはUVーA波とUV-B波がありますが、UVーA波は波長が長いためお肌の奥の真皮まで届いてしまい、真皮の約70%を構成するコラーゲン繊維を破壊してしまうのです。

紫外線は真夏以外でも、また曇りや雨の日でも降り注いでいます。
日焼け止めは常に塗るなど、きちんと紫外線ケアを行うことでしわを防ぐことができます。


4.コラーゲン不足によるしわの対策



そして、紫外線だけでなく加齢によるコラーゲンの減少ももちろんしわの原因になります。
前述した通り、真皮の多くを構成するのはコラーゲンでハリや弾力を保つ役目があるのですが、40代になってくると急激に減少してしまうのです。

サプリで肌のハリや弾力を保つ女性

ですから、コラーゲンを含む食品やサプリを出来るだけ摂取するようにしたいものです。


5.表情ジワ対策



最後に、表情じわというのも意外と多いもの。
ついつい眉間にしわを寄せてしまうくせがある、などという人は普段から気をつけるようにしたいものです。

自分のしわの原因を正しく理解することから
しわ対策は、できるだけ早く始めることが肝心です。

時間がたてばたつほど、改善することが難しくなりますので、気になり始めたらすぐに対策を始めましょう。

まずは、自分のしわの原因を把握して、より効果的な方法で対策を行うことです。
この記事を参考に、自分にあった対策方法を見つけてみてくださいね。

ほうれい線とは何か?

2018年10月17日

ほうれい線とは何か?



お肌の老化が進むにつれて、男女ともにほうれい線はできやすくなります。
ここで効果的なスキンケアをしなければ、頬の横のシワは深まるばかり。

そもそもほうれい線とは、なぜできてしまうのでしょうか。
あるいは、口元のシワが深まりやすい人には、どのような特徴があるのでしょうか。

こうした悩みに答えるべく、今回は、ほうれい線と何かについて解説します。

ほうれい線が目立つ女性


1.ほうれい線とは



ほうれい線とは、両方の鼻の横から口元にかけて伸びるシワのことです。
頬の境界とも呼ばれ、誰にでも存在する線ではあるものの、肌の老化とともにほうれい線が深まる特徴があります。

「笑いジワ」などと形容されることもあり、ほうれい線を気にしない人もいるようですが、女性の多くは深刻な肌悩みとしてとらえているでしょう。

このほうれい線が目立ち始めるのは、30代以降のエイジングケアが必要な世代。
10代〜20代にかけては、特別気にならない傾向があります。

ほうれい線のアップ


●ほうれい線ができる原因

代表的なほうれい線の原因は加齢によりますが、そのほかに肌の乾燥、ストレス、喫煙、紫外線ダメージ、コラーゲン・ビタミン不足、偏食などが挙げられます。
肌の老化以外に原因がある場合、若いうちからほうれい線ができてしまう人もいるのです。


2.ほうれい線ができやすい人の特徴



「私はまだ若いから大丈夫」なんて思っている人も、ほうれい線のできやすい特徴に当てはまっているのなら要注意です。

上記でもお伝えしたように、ほうれい線の原因となるのは肌の老化だけではありません。
日頃の生活習慣が乱れていると、20代という若さでも笑いジワは深まってしまいます。

●ほうれい線ができやすい人の特徴7選

・偏食や過度なダイエットを繰り返している
・洗顔やスキンケア時に肌への摩擦を減らせない
・血流が悪く肩こり・腰痛に悩んでいる
・輪郭の崩れが目立つ
・笑う回数が少なく表情筋が衰えている
・頭皮や目元のたるみが深刻化している
・姿勢が悪い(前傾姿勢や猫背になりがち)

ほうれい線ケア化粧品

このような特徴をもつ人は、肌全体のハリとツヤを失いやすく、バリア機能も弱まるため、ほうれい線ができやすいといえます。

徹底した食事管理とスキンケアの双方の面に注意しなければ、年齢肌の象徴であるほうれい線を改善することはできません。

1度できたほうれい線を消すのは容易ではないため、日頃の生活習慣や座り姿勢に気を遣い、乾燥やたるみの原因をつくらないことが大切です。

1 2 3 >
プロフィール
管理者:ビューティコンシェルジュのちょっとしたコラム
2019年 01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
リンク集