フェイスパックでほうれい線対策!その使い方と選び方

2017年05月12日
女性なら、ほうれい線の目立つ肌、何とかしたいですよね。

きっと、早くほうれい線を解消する方法を知ることができればウレシイに違いありません。

ほうれい線の予防と改善において、美容成分を摂取することは美しい肌に近づく最も手軽な近道であると言えます。

美容液や保湿クリームは、今まで化粧水・乳液までが基本だったスキンケアの方法に新たな選択肢を与えました。

美容液や保湿クリームを使ったスキンケアは、もはや記念日や大切なイベントの前のプレミアムなスキンケアではなく、日常的に継続したいスキンケアです。

そして、もう一つ日常的に継続して利用したいスキンケア商品があります。それがフェイスパックです。
今回はほうれい線対策のなかでもフェイスパック選びに焦点を当てて紹介したいと思います。

1.フェイスパックとほうれい線の関係について



フェイスパックによるほうれい線の予防と改善の効果は美容液と同じく、肌に潤いとハリを与え、セラミド入り化粧水、保湿クリーム、美容液と同じだけの効果があると言えます。

その上、前に挙げたスキンケア商品のように自分の手で塗布する手間がなく、顔に貼って10分〜15分の間他のことをしていても同じ効果が得られるという点では忙しい女性にはうってつけの商品であると言えるでしょう。

また、前の3つのスキンケア商品でほうれい線ケアをしようとして、自分のほうれい線がどこかわからずケアするのが難しかったという方もいらっしゃるかと思います。

そんな方にとってフェイスパックは、顔の形そのままのフェイスシートを顔にのせてシワ(ほうれい線)の通り中央からフェイスシートを広げて行けば簡単に自分のほうれい線を知ることができ、同時にケアすることもできるとっても便利な商品だと言えます。

そういう意味では、不器用な人にはこのフェイスマスクを使う方法が一番簡単にできるほうれい線対策かもしれません。

そんなフェイスパックですが、さまざまなブランドから販売されており、どれを使ったらいいのかわからないですよね。

そこで、次にほうれい線予防のためのフェイスパックをご紹介したいと思います。

2.市販のフェイスパックでほうれい線予防できる商品ラインナップ



●ナールスパッション/ディープインパクト社/ナールス

ナールスパッションはナールスネオ(美容液)、ナールスユニバ(保湿クリーム)、ナールスピュア化粧水等を取り扱うナールスブランドのフェイスパックで利用した多くの人に好評を博している商品です。

通常のフェイスパックは、どうしても最期の方になると顔に張り付いていない部分が乾燥して、剥がれ落ちてしまうという方でも、これなら顔にはったまま家事ができると人気です。

パック後は肌がギュッと詰まってさっきまでのぼてっとした印象がうそのようだと言う口コミもありました。

このナールスパッションはナールスの全ての商品に配合されているナールスゲンにプラセンタ、ヒアルロン酸、リンパ管ケア成分「キュアパッション」を配合したもので、ナタデココの原料を主成分にフェイスマスク(白い紙素材のような質感)が作られています。

●プロフェッショナル バイオセルロース/マリスコ

マリスコ社の開発したプロフェッショナルバイオセルロースナディーテシリーズのフェイスマスクは、極上の保水力を誇るバイオセルロースを利用して今まで剥がれやすかったフェイスマスクに大きな革新を起こしました。

その革新とは、フェイスマスク用途別によるシリーズ化です。

シリーズは3つ、リフトケア・ブライトケア・モイスチャーケアの3種類です。モイスチャーケアは上皮成長因子(EGF:アミノ酸の結合物質)とカタツムリの分泌粘液によってエイジングケア対策ができるという商品で、今回のほうれい線予防・改善にはこれが最も適していると言えるでしょう。

どちらもおすすめなので、どれをえらべばいいのかわからないという方は一度試してみてください。

では、おすすめのフェイスパックを紹介したところで次にフェイスパックの選び方について説明したいと思います。

3. ほうれい線予防に効果的なフェイスパックの選び方



ほうれい線をフェイスマスクで改善・予防する際、注意するべきことはその成分と使用感にあります。

従来の美容液によって保湿されているフェイスシート・フェイスマスクは、10分〜15分の待ち時間の間にも、うまく顔に張り付けないと剥がれたり、ずれたりしてしまう恐れが大いにあります。

顔に張って待っている間にほかのことをしようと思っても、マスクがずり落ちてくると煩わしいですよね。

この問題を解決したのが、バイオセルロースです。

今回紹介した2つのフェイスパックにはこのバイオセルロースが配合され、通常よりもしっとりとして、人間の皮膚に密着、多少動いてもずれたり剥がれたりしてしまうことはありません。

バイオセルロースはナタデココを原料としたプルプルとしたゲル状の物質で、フェイスマスクの密閉力を通常よりもさらに上げています。

フェイスパックを選ぶならこのバイオセロール配合のものを選びましょう。

4. まとめ



ほうれい線予防・改善のためのフェイスマスク選びにも、新たな美容成分バイオセロースと言う成分が登場し、これまで以上にケアしやすくなりました。

フェイスマスクはほうれい線対策の全体の一部ですが、大切なことです。

フェイスマスクも特別な日の前だけではなく、他のスキンケアと同じようにできるだけ習慣づけて利用することで、ほうれい線の予防と改善に効果があります。

ただし、肌荒れがあったり、お肌が敏感な方はフェイスマスクの使用は避けた方が良いでしょう。

また長時間の使用はかえって逆効果になってしまうこともあるので、フェイスマスクをつける時間は10から15分でとどめることも重要です。

使い方さえ気を付ければ、簡単かつ気軽に始められるのがフェイスマスクによるスキンケアです。

ぜひ、密閉力の高いバイオセルロースのフェイスマスクで、美しさを手に入れて下さい。

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:ビューティコンシェルジュのちょっとしたコラム
<< 2017年 05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
リンク集